2011年07月04日

中心部・買物公園【ギャラリープルプル】

purupuru2.jpgpurupuru.jpg


いよいよ来週は3回目の木工キャンプ。なのにこんなにブログの更新がギリギリになってしまってゴメンナサイ。
今回ご紹介するのは、昨年アップされていた「こども冨貴堂」の隣にオープンしたばかりのかわいいギャラリーです。

旭川在住の絵本作家、あべ弘士さんの「アートをもっと身近に感じてほしい。買物公園ににぎわいを取り戻したい」という願いによって誕生したそうです。次々と楽しい展示が企画されて、隣接する「こども冨貴堂」同様たくさんの人たちが行き交う場所になりそうです。


Gallery PuruPuru(ギャラリープルプル)
旭川市7条通8丁目買物公園
10:00 - 18:00
月・火 休み

ギャラリーオープン展示
原画展 「もりのねこ」「3びきのくま」
    文・工藤有為子 + 絵・あべ弘士
2011年5月21日(土)- 7月31日(日)


(I)
posted by AMCC MACHI at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 見る

2010年07月07日

嵐山/Potta(ポッタ)

ついに木工キャンプ直前、どれだけの方が見てくださっているかわからないけれど店舗情報をアップします。
今回は旭川の西にある「嵐山陶芸の里」に2009年にオープンしたばかりの陶器のお店Pottaです。

potta1.jpg

階段を上がって玄関を靴をぬいで「お邪魔します!」と友人の家に招かれたような気持ちで中に入ります。小さな棚やテーブルにはオーナー手づくりのカップやボウルが並んでいます。
オーナーの藤木さん(女性です)の優しくかわいらしい雰囲気が素直に形になったような、普段使いでどこか懐かしさを感じる器がとっても魅力的です。

嵐山陶芸の里にはほかにも陶芸やカフェ、染め物などいろいろな工房やお店が点在していて観光客にも人気の場所です。マップ片手にいくつも巡ってみるのもおすすめです。


potta2.jpg

Potta
旭岡2丁目(嵐山陶芸の里
11:00〜18:00
月曜・火曜定休、冬期休業。

(I)
posted by AMCC MACHI at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 買う

2010年06月27日

中心部/ヒラマ画廊

彫刻美術館に続き芸術に触れられるスポット紹介です。

hirama1.jpg

ヒラマ画廊
旭川市2条通8丁目左1(ミスタードーナツ2F)

ここは駅からも近いのでふらっと立ち寄れるギャラリーです。貸しギャラリーなので展示内容はサークルの発表や写真展、学生さんの発表など様々です(下の写真は北海道教育大学の学生さんの展示)。

hirama03.jpg

細い階段を登りきった入り口の手すりやドアなどは重厚な意匠でギャラリーの長い歴史を感じさせます。

(I)
posted by AMCC MACHI at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 見る

2010年06月24日

中心部【高野豆腐店】

こんにちわ、halicoの堀内です。
今日は最近のお気に入りを。

8joichiba.jpg

「八條市場」と申します。
市役所の隣、街のど真ん中にあります。

iriguchi.jpg

昭和4年生まれ。
廃屋?
いえいえ、現役です。

時間の止まったトンネルをくぐると、
奥から水の流れる音。

tofu-1.jpg

「高野豆腐店」。
昭和33年からやってます。
「地下水だからね、水が良くて引っ越せないんだよ」
こんな街中に地下水!!!

agebaのコピー.jpg

「三角揚げ」
手でひとつひとつ揚げます。
「毎日揚げても、これって納得いくことがないんだよ」とおばあさん。

アツアツは、くるりと薄皮に巻いてくれます。
クレープ?マックポテト!?
いえ、日本のソウルフード「揚げ」!
キャンプで炭であぶって、ショウガ醤油をタラリ、みんなで食べたいなあ。

takano-san.jpg

血の通った仕事。
おばあちゃんの生きた言葉に胸がいっぱいになりました。
息子さんは東京フィルハーモニック管弦楽団で活躍されているティンパニ奏者だそうで、
雑誌を片手に「ほれ!」とご主人、80歳です。

「高野豆腐店」
8条通10丁目右2号
0166-23-5422

posted by AMCC MACHI at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 買う

2010年06月16日

中心部・買物公園/そば処 井奈屋

IMGP1931.JPG
そば処 井奈屋(7条通8丁目)6・7仲通り
更科そばのお店です。
私はここの白いおそば(冷セット)が好きなのですが、
北海道外から来られるAMCC参加メンバーの皆さんに
ここで、特におすすめしたいのは、「ぶたどんセット」!
豚丼とそば(温or冷)のセットです。
帯広の豚丼は、郷土料理のように有名になっていますが、
みなさんはご存知でしょうか?
--------
北海道の豚丼は、豚肉を焼いて砂糖醤油味の甘辛いタレで味付けしたものを具とした丼物である。・・(中略)・・調理法も味覚も牛丼チェーンの豚丼とは似て非なる料理である。
--------ウィキペディアより

ここの豚丼もおいしいのです。
北海道豚丼を一度食べてみたい方、
ごはんもつやぴかでおいしいので、ぜひどうぞ!
posted by AMCC MACHI at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる

2010年06月12日

中心部・買物公園【こども冨貴堂・ギャラリーKIDS】

kodomo.jpg

こんにちわ、halicoの堀内です。
今日はこのまちの文化のおへそ「こども冨貴堂」をご紹介いたします。
ここはこどもの本専門店。
約30年になります。
絵本をはじめ、詩集、おとなも楽しめる本、
旭川の文化情報が集まるコミュニティーの場です。


tennnai.jpg

おもちゃ箱をひっくり返したような店内!
地元アーティストや絵本ファンの共同経営で始まったこともあり、
奥には小さなギャラリーを併設しています。
どんな人も、色々なかたちで表現することができる場所で、
この街の文化を支え続けています。


kodomo-housou.jpg

本を買ったら、こんなかわいい包装紙で包んでもらえます。
旭山動物園の絵本作家でお馴染みの、あべ弘士さんのイラスト。
今も旭川在住です。
本はおうちで買う時代?
でも、こんなステキな包装紙はAmazonでは買えません。


ushiro.jpg

ここのスタッフさんたちはどの方も魅力的で、私もファンのひとりです。
0歳からのプレゼントにも安心して相談にのってもらえます。
ぼくたち、だれの後姿かわかるかな??
会いにきてね!

こども冨貴堂 / ギャラリーKIDS
〒070-0037
旭川市7条8丁目買物公園
Tel:0166-25-3169
Fax:0166-25-3171
10:00-18:30 年中無休
posted by AMCC MACHI at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 買う

春光/旭川市彫刻美術館

次は中心部から少しだけ離れて、旭川駅から車で20分ほどのところにある彫刻美術館を紹介します。

中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館
旭川市春光5条7丁目

chokoku1.jpg

旭川は「家具の産地」として知られていますが、実は知る人ぞ知る(?)「彫刻のまち」でもあります。美術館の収蔵品だけでなく、野外彫刻も市内の公園や広場、橋などにたくさん設置されています。
中には買物公園のベンチにどっかりと腰掛けている「人」がいたり、こどもが登ったりできる遊具のような作品もあり親しまれています。

この彫刻美術館にもブロンズ像をはじめ、おおらかな形の石彫、今にも動き出しそうな雰囲気の木彫、前衛的な金属の作品など、様々な素材や作家の作品が並べられています。
館内は撮影OKなので、中の様子を少しだけ…
(展示の様子はあえて掲載しませんので、あしからず!)

chokoku3.jpgchokoku2.jpg

明治に建てられたこの建物は国の重要文化財にも指定されていて、それ自体が作品のようです。旧陸軍第7師団の社交場として使用されていたそうですが、なんともハイカラ!
芸術に触れた後は、向かいにある緑いっぱいの春光園で一休みできますよ。

(I)
posted by AMCC MACHI at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 見る

2010年06月08日

中心部/高砂酒造

旭川駅前の宮下通りを東に車で5分ほど行くと、明治時代に建てられた趣のある酒蔵が見えてきます。

高砂酒造株式会社
旭川市宮下通17丁目

takasago1.jpg

北海道の地酒としてすでに有名なのでご存知の方も多いと思いますが、ここにはおいしいお酒とともに隠れた逸品があるのです。
それは、こちら↓の「吟醸甘酒」。

takasago2.jpg

この甘酒には砂糖が使用されておらず、米の甘味が出ているのだそうです。「お米だけでこんなに甘くなるの?」と驚くくらいしっかり甘く、でも後味はすっきりです。
ちょっとしたお土産や自宅用のおやつに、私もよく購入しています。

歴史ある建物は足を踏み入れたとき、しん、と落ち着いた風情を感じさせます。予約をすれば工場見学もできるようですよ。

(I)


posted by AMCC MACHI at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲む

2010年06月05日

中心部・買物公園/七福弁当(惣菜屋)

七福弁当 鈴木商店(お弁当・惣菜屋)
(旭川市7条通7丁目七福ビル1F)
買物公園に接して、「ラーメンのすがわら」の入っている同じビル内にあるお惣菜やさん。昼休み時は結構人気で列になってお客さんが並んでいます。
旭山動物園がこんなに人気になる前は行列ができる唯一のスポットでした(ちょっと嘘。でも冗談でそんなことも言ったのです。)
注文の仕方もなんだか独特で、メニューがあるわけではなく、ウインドゥにならんだお惣菜を選んでお弁当にしていきます。私のお勧めは「ノリメンチ」。あと、ふきの煮物とかもおいしかったな。トロい私なんかは、最初は食べたいものをうまく選べずに妥協していました。そんなんで、七福弁当の頼み方をここでレクチャー。

七福弁当の注文の仕方。
注文を受けてくれる人が数人いて、順繰りオーダーを聞いてくれる。マンツーマン制です。
@まず、ご飯を一緒のパックに入れるか、別のパックに入れるか選ぶ。量もオーダーできる
「ごはん一緒で(ご飯別々で)少なめで(ふつうで)‥」
Aごはんをよそってくれたあと、惣菜を適当に選ぶ。
「ノリメンチ、これとこれとこれ」
B担当の人によって、ちょっと盛りや値段が違うのはご愛嬌。

うまく頼むと300円くらいでお弁当ができる。
これを持って、常盤公園に食べに行ったんです。(A)
posted by AMCC MACHI at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる

2010年06月02日

中心部・買物公園/ちろる(喫茶店)

chiroru1.JPGchiroru2.JPG
ちろる(旭川市3条通8丁目左7号仲通)

1939年創業。
私は三浦綾子の小説「氷点」でその存在を知りましたが、(私の大学時代の友人が三浦綾子のファンで、よく話を聞いたのです。)AMCCのみなさんなら、ナガオカケンメイさんの「D-travel Hokkaido」でご存知の方が多いのでは?

建物のあちらこちらに、装備品のあちらこちらに、芸術というか(その中にはデザインや工芸とか民芸とかいうものも含むような)そういうものへの造詣が伝わってきます。
 私は一人で本を持っていって時間を過ごしたいようなそんなところ。
時間の流れが見えるような、「自分の時間」を過ごせるようなところです。

コーヒーがおいしいです。自家製ケーキセットもあるようです。夏には中庭でお茶することもできるそうです。
http://www.hokkaido-jin.jp/issue/sp/200606_2/sp_02.html

(A)

posted by AMCC MACHI at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる